根本的な解決へ

環境問題の解決には、一人一人の生活様式・行動意識の変化と、大きな政策・企業単位での改革の両方が必要です。

近年では、一人一人がデバイスを手にし、情報発信をすることが可能になりました。

一人一人が、声をあげ、それを連鎖させて大きなムーブメントを創ることが容易にできるようになったのです。

まずは、一人一人が正しい知識を知る必要があります。環境問題は、学べば学ぶほど、危機意識は高まります。

なぜなら本当に本当に危険な状況だからです。

今、大きく変わらなければ、一番影響を受けるのは、若者とその子供たちです。

だからこそ、若者が小さい頃から、環境問題についてしっかりとした意識を持ったり、自ら声をあげたりすることは、とても大きな意味を持ちます。

そして、本気で叫べるのも、若者だけです。だからこそ、若者の叫びには、とても強い力があります。

環境問題を根本から解決するには、若者主体のムーブメントは、必要不可欠なのです。

あとは、キッカケがあれば、ムーブメントは起こせます。

我々は、そのムーブメントを起こすキッカケを、少しでも多く創っていかなければいけません。

そのために、絵本はとても有効な手段だと考えています。