地球人として

私たちは、「人間」である前に、「生き物」です。

私たちは、「○○人」である前に、「地球人」です。環境問題に、国境はありません。

そして、今後、「先進国」も「途上国」も、「レベル1」も「レベル4」も関係なく、手を取り合って環境問題に取り組んでいかなければいけません。

国単位で動けなくても、(基本的に)国は世論で動くので、民間でできることはいくらでもあります。

困っているところがあれば、みんなで助け、間違っているところがあれば、みんなで考えなければいけません。

私たちは、国を超えて、地域を超えて、子供たちの未来へ、精いっぱいの愛を、残していきたいと思うのです。

-つなぐ図書 編集長 南 大樹