絵本つなげプロジェクト

神戸大学の学生である南大樹(19)が2019年冬に立ち上げてスタート。

世界中の一人でも多くの人に環境問題に関心を持ってもらい、行動を変え、声をあげるキッカケを創ることを目的とした環境活動です。

環境問題を根本から本質的に解決すべく、「絵本」というツールを使って「新しい環境活動のカタチ」を示そうとしています。

幼児から大人まで、環境問題を分かりやすく感じられる絵本を制作し、日本で販売し、売れたお金で、世界中の環境問題を学ぶ機会の無い子供達に絵本を届けます。

絵本を読んで、一人でも、たったの一人でも、声をあげる人が出れば、それは本当に凄いことです。

そして、世界中で、連鎖を起こして、社会の空気としてボトムアップできれば、世界は大きく、変わります。

そのキッカケを、絵本で創りたい!

発起人の想いとプロジェクトの方向性に共感した全国各地の大学生と、団体や企業が参画し、大規模プロジェクトとして成長中。

みんなで力を合わせて、国境を越えた繋がりを。

環境問題というピンチをチャンスに変えよう。

【参加学生
神戸大学、北海道大学、早稲田大学、明治大学、千葉大学、広島大学、東京農工大学、東京学芸大学、横浜国立大学、徳島大学、宇都宮大学、法政大学、東京国際大学、群馬大学、東洋大学、奈良女子大学など
約40名(SNSなどで知り、作者の想いに共感し集まった仲間)

支援やご協力をしてくださる個人・団体・企業を大募集しています。下のお問い合わせからご連絡ください。